FC2ブログ

ベランダメダカ&ビオトープ生活

ベランダでのメダカ飼育、室内水槽(ミナミヌマエビ・コリドラス ソダリス・オトシンネグロ)をこよなく愛するPの雑記

台湾的ビオトープ

さてさて、実は昨日まで4日間、台湾へ行ってきました。

思った以上に、日本語を話せる人も多く、
日本語か英語が通じることが多かったので、言葉ではほぼ困りません。

何よりも台湾の人たちの暖かさに本当に感激な毎日。
ぜひ、また行きたいなと思っています!

さて、そんな台湾のビオトープ的な写真です。


朝早く太極拳を見に行った公園の池などには
睡蓮がきれいな花を咲かせていました。

台湾的ビオトープ

台湾的ビオトープ


次の写真はお店の前に置かれていた
発泡スチロール的ビオトープ。残念ながら、生き物はいない様子でしたが・・
考えることはどの国も一緒なのですね。

台湾的ビオトープ


こちらも一般な店舗のお店の前にあった睡蓮の入ったバケツ。
中を見たら、魚がいたのですが、すごい油膜が(笑)。

この魚、日本では見たことないですねー。こういったのがまた新鮮です。

台湾的ビオトープ
台湾的ビオトープ

上のほうの写真の左奥に、金網みたいなの見えますか?
実は、あれ、ネズミ捕りで、何匹もひかかってました。子ネズミたち・・


東京で言うなら、代官山みたいな場所に行ったのですが、
そこではオシャレなお店の前に、いくつか金魚を飼っているところがありました。
どれも立派できれいな金魚たちでした。

台湾的ビオトープ


以上、台湾的ビオトープな写真でしたっ。
スポンサーサイト





***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ビオトープ


先日、室内の水槽の底床を「田砂」からソイルに変えました。(水草を育てたかったので)

田砂ってこんなのです。(楽天 charm)
※比重が重く、舞い上がりにくい細粒タイプの砂。明るい色が気に入っていました。

でも、貧乏性の私は「この田砂捨てるのもったいないなぁ(ってか、砂ってどうやって捨てるの?)」
ということで、「おぉ!ビオトープに入れてみてはどうだろう!今、底床ないし、きれいに見える?」
って入れてみて大正解!

きれいでない?やっぱり、田砂きれい!
ますます、気分は水族館です(笑)。

そういえば、タリアもだいぶ新しい芽を出し始めてきましたよ。

***別サイト:ベランダ ビオトープ***

たまには私が食べてるもの

写真:昼食1


写真:昼食


なんか、このブログって、ベランダビオトープか植木鉢しか
撮っていないので、時には人間味溢れる写真を載せてみよう(笑)。

我が家の昼食です。同居人がパンを作ってくれたので、
それでサラダを挟んで作ってみました。やっぱり、人参って色綺麗!


せっかく、人間味溢れるを載せたので、
私のことも書いてみましょうかね。はじめてかも。

●生まれトシ:
1975年生まれです。今、32歳です。この前、25ぐらいかと思ったといわれ、いろんな意味でショックを受けました。(笑)

●生まれたところ:
生まれはロンドンです。正確にはロンドン近郊のエプソンという大きな競馬場がある街です。

ちなみに、「生まれ故郷を見よう」というコンセプトで5年ぐらい前にロンドンを訪れ、住んでた家を訪れたら、近隣と感動の再会を果たしました。私は赤ちゃんだったので、覚えていないようでしたが、兄の名前を言ったら、覚えてました。すごいいい人。

イギリス人って、なんか日本人と似ているって感じた素敵な旅でした。

話はそれましたが、

●学生時代:
ずっと共学でした。男子顔負けの目立ちたがり屋で大変でした。今はあのエネルギーはありません(笑)。

●社会人:
好き放題いろいろやってきました。
直近はウェブ制作会社でディレクターしてました。死ぬほど働きました。特に繁忙期は、徹夜とか朝タクシーとか、目がいつも充血してました(笑)。

今は自宅でウェブの仕事をしています。でもデザイナーじゃありません。デザインなんてできません w 。友達は多いですけど(笑)。

今は踏ん張り時、とにかくがんばります。

そんなてんぱってる時に、ベランダのメダカや金魚、植木鉢たちに本当に心癒されています。

机の前でもくもくとPCに向かう私には、かなりの気分転換、フレッシュな空気を送り込んでいる素敵な空間です。

まぁ、他の人から見るとしょぼいのかもしれませんが(笑)。自己満足でいいんです。

こんな感じで、自己満足ブログに、自己満足サイトに、地道に更新していきます!

*自己紹介のつもりが最後は決意表明になってしまった(笑)


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

次のページ