ベランダメダカ&ビオトープ生活

ベランダでのメダカ飼育、室内水槽(ミナミヌマエビ・コリドラス ソダリス・オトシンネグロ)をこよなく愛するPの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ベランダ 金魚・メダカ水槽

ベランダ水槽

タイトルに反し、最近はコリドラス話ばかりだったので、ここら辺でベランダ水槽話。

睡蓮鉢とは対照的にプラ船水槽はずっと水がミドリになってしまうグリーンウォーターに悩まされていた。何がいけないのかいろいろ調べたがいまいちよくわからず。もう仕方がないと諦めていた。
そして先々週ぐらいから、どうせなら水生植物をいろいろ植えて楽しもうと、ウォーターバコパやウォータークローバーなどを植えてみたら、なんと今まで水替しても、数日でグリーンウォーター化していたプラ船の水がずっと澄んでいるではないか!?

たぶん、今まで余った栄養素がグリーンウォーターへといっていた分が水生植物へと行っているのではと素人エロPは思います。

うーん、こういう新たな発見もベランダ生活の楽しみでもある。

そして肝心のメダカや金魚・タナゴにヤマトヌマエビ君たちは、この暑さの中すこぶる元気。会社に行く前にすだれをかけていくもののやはり炎天下は30度越えているのでは?と思うが、やはり金魚やメダカたちは暑さに強いんですね。
スポンサーサイト


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

30cmキューブ水槽チェンジ

30cmキューブのウイローモスの汚さ(泣)とあまりにも増えすぎたこと、メンテンナンスのしにくさから、思い切ってウイローモスと流木ごと撤去。ミナミヌマエビ君たちはベランダのメダカ睡蓮鉢へ移動。ミナミの稚魚がいたので、1匹だけ意味もなく隔離していたメダカを金魚・メダカプラ船へと移動。

底もソイルを一部残して、田砂に。

ガラーンとした30cmで、今は10匹のピグミーたちが悠々と泳いでおります。

コリドラス

※誰かウイローモスもらってください・・

***別サイト:ベランダ ビオトープ***

初めて魚で稼いだお金

金一封

社内のプレゼン大会で「魚」をテーマにし、発表しました(テーマ自由)。このプレゼン大会、一人ひとり誰かに投票して、優勝者は金一封の3万円。で、ゲットしてきました3万円!!

たぶん、これは魚で稼いだ最初で最後のお金。もちろん、魚に還元します(笑)。

どうでもよいのですが、みなさん魚を眺めているとき、どんな風に見ていますか?私はキャンプ用の折りたたみのイスを部屋においているのですが、軽くて持ち運び便利なので、これを水槽の前に置いて、休みの日はもちろん仕事から帰ると、ずっと眺めてます。

ディレクターズ チェアー?


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

コリドラス 白点病・・・

050807_04.jpg

コリドラスのうち、1匹が悲しいことに白点病になってしまった・・

実は1週間ぐらい前に、「あれ、なんか白い点が・・」と気が付き、すぐに隔離したのですが、コリドラスは薬に弱いとネットに書いてあったので、弱めの薬浴をさせていたのですが、それがよくなかったのか、なかなか直らず1週間が経ちます。

しかし、昨日、新宿のアクアフォレストで買ったコリドラスの本によると、確かにコリドラスは薬に弱いが、白点病に効くグリーンFに関しては規定の量でOKとのこと。

で、今様子を見つつ、徐々にグリーンFを規定の量に近づけて治療中。あと、気持ち塩も入れました。塩を入れたおかげか、いつもより動き回っている時間が少し増えたような・・

中途半端な知識のせいでコリドラスをずるずると薬浴してしまい、かなり後悔。早く元気になって元の水槽に戻してあげたい。

***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ミナミヌマエビ抱卵

30cmキューブ水槽のミナミヌマエビがベビーラッシュを迎えております。

最初に抱卵したミナミに次で、この3週間で2匹がベイビーを生み、そして実はあと3匹が抱卵。

そうそう(←誰に言ってるの?)、最近読んだミナミヌマエビ情報でちょっと感動したことがあり。ミナミのオスは脱皮寸前のメスに交尾をするそうです。なぜなら抱卵している間にメスが脱皮をしてしまうとまずいので、一番抱卵している間脱皮をする可能性が低いメスのエビ、すなわち、脱皮直前のメスエビと交尾するとか。本当本能って不思議ですな。

050807_02.jpg

ウィローモス、もっさもさのエビ水槽。

050807_03.jpg


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。