ベランダメダカ&ビオトープ生活

ベランダでのメダカ飼育、室内水槽(ミナミヌマエビ・コリドラス ソダリス・オトシンネグロ)をこよなく愛するPの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

武蔵新城 せせらぎ遊歩道

今朝、用事があって、2ヶ月ぶりに南武線の武蔵新城へ。

武蔵新城の楽しみっていったら、なんてったって、あれです。
ビオトープ好きにはたまらない街。

「せせらぎ遊歩道」。遊歩道の横に流れる小川。
とっても水もきれいで、たくさんの鯉が泳ぎ、さまざまな植物が植えられています。ここに来るたび、「あぁ~、武蔵新城っていいな」と。

一生懸命写真を撮る私に、近所のおばあちゃんが微笑んでいました(笑)。

水生植物の代名詞 オモダカ と  ウォーター・マッシュルーム。
やっぱ、ここのオモダカはデカいです。やっぱり違いますね。

写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城

写真:野外ビオトープ 武蔵新城

写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城


タリアもデカい!!我が家のタリア君も一生懸命育ってくれてますが、やはり武蔵新城のタリアはもっと大きかった・・

タリアは花も咲いていましたが、花も我が家のよりも一回りは大きいです。素晴らしい・・

写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城


写真:野外ビオトープ 武蔵新城


一応、小粒のタリア君もいました。

写真:野外ビオトープ 武蔵新城


こんな感じで、ビオトープ好きにはたまらない武蔵新城を今日は堪能しました。


スポンサーサイト


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

I LOVE なんちゃって日曜大工

写真:便利グッズ

不器用で、適当に作る割には日曜大工好きな私。写真のこれ、今まで作った日曜大工の中での傑作です(笑)。

まず、これを作ったきっかけですが、当初は緑のボックスの上に直接ワイン箱、植木鉢をのせてました。

ポイントはこの緑のボックスの使用頻度なのですが、年1度しか開かないのならまだしも、BBQ好きな私の必要道具が入っていて、少なくとも2ヶ月、多いときには1ヶ月に一度は開くんです。

だから、箱から荷物を取り出すのはできるだけスムーズに出したい・・
いちいちワイン箱と鉢をどけるのがどうしても面倒。

しかし、ベランダは広くないし、有効利用するためにはやはり箱の上に、鉢は置きたい・・・ う・・・う~ん!!

というジレンマの基に生まれたのが、この「箱出しスムーズ(と、今命名!)」(笑)

やはり、「人間の現状を改善したい。もっとよくしたい」という気持ちって大事だなと実感。


一応、説明させていただきますと、
緑のボックスの周りをギリギリのラインを板で囲んで、その上にワイン箱をおきます。

●「ギリギリのラインを板で囲む」→できるだけ無駄な空間は作らない
●「その上にワイン箱をおく」→これで緑のボックスの出し入れの時に、いちいちワイン箱・鉢をどかさずに済む!

そして、極めつけは、もっと出し入れをスムーズにしたいと思った私は緑のボックスの下に、キャスター付きの板を作成。

写真:便利グッズ

しかも、よく見ると、取っ手付き(笑)!!

これで、月一のBBQの荷物の出し入れと片付けも随分楽になりました。


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ベランダビオトープ メダカたちのお引越し

写真:ベランダガーデニング

風に吹かれるウォータークローバー。こちらの睡蓮鉢のビオトープ号は、メダカの赤ちゃん専用となりました。やっぱり、これから暑くなる日のことなどを考えると薄っぺらいイチゴのパックじゃかわいそうかなと。狭いところじゃなく、大海で泳がせてあげたい親心(笑)。

しかも、最近嬉しいことに栄養の源、ミジンコ君が発生していて、イケイケ・ノリノリな睡蓮鉢です(笑)!

今までいた大人な黒メダカ3匹とヒメダカ3匹はトロ船ビオトープ号へお引越し。先輩の金魚ちゃんが大きな口をぼーっと開けて、歓迎してくれてます(ホントか?)↓

写真:ベランダビオトープ


写真:ベランダビオトープ

そんなトロ船ビオトープ号、今日はちょっと違う角度から撮ってみました。今年で2年目のウォーターバコパがすっと伸びてて美しい。

写真:ベランダビオトープ

そして、全体にはさらに葉だらけになった印象が(笑)。

いいんです、これが我が家のビオトープ。

***別サイト:ベランダ ビオトープ***

たまには食べてるものシリーズ

写真:ベランダビオトープの食事


ベランダばかりじゃなく、「たまには食べてるもの写そうよシリーズ第2弾」です(笑)。

先々週末、世の中のメタボリック撲滅に逆行するがごとく相方と「油まみれ(笑)」な夕飯。

エビトーストに、なすの油揚げ、蓮根のはさみ揚げ・・・

すんごいカロリーだろうと思いながらも、
「やっぱり油っておいしいね」と再確認しながら、猛烈な勢いで食す。

やばい、油のおいしさを再認識してしまった・・



***別サイト:ベランダ ビオトープ***

トンボ

写真:ベランダビオトープ

水槽とプランターの狭い隙間にふと目をやると、こんなところに「トンボ」。

なぜか、私が相当近づいても、じっとしている。
こんな写真まで撮らせてくれたぐらい。

写真:ベランダビオトープ

羽根を見ないと、ハエと区別がつきません(笑)。
ちょっとコワイ・・

そして、驚いたのが、翌朝ベランダに出たところ、
トンボが飛び立っていった。そんなに居心地よかったの?



***別サイト:ベランダ ビオトープ***

メダカの赤ちゃん 激写!

写真:ベランダビオトープ

で、ビオトープ本体の方は相変らず、
葉がしっかりと生い茂っております。睡蓮も花を咲かせる様子も全くなく・・・

写真:ベランダビオトープ

葉でびっしり(笑)。落ちている花びらは、タリアの花びらです。
こう見ると花びらって落ちても、風情がありますね。

写真:ベランダビオトープ

そうそう、本題なんですが、メダカの赤ちゃんを激写してみました。
小さなプラケースやイチゴのパックなどで、小分けにして育ています。
(今日からだけど・・)
以前に読んだ本で「メダカの稚魚は意外に共食いとかしちゃうから、
生まれたら容器はできるだけ別々に」とあったので、今さらながら分けてみました。

エセメダカブリーダーの空間と化している我が家のベランダです(笑)。




***別サイト:ベランダ ビオトープ***

タリアが花を咲かせました!

写真:ベランダビオトープ タリア

タリアがすんごい勢いで成長。
やっぱり、遅くても植え返して株分けしてよかった~。
最初は心配したけど・・

そして、去年は咲きませんでしたが、タリアに花が咲きました!

写真:ベランダビオトープ タリア


全体が1メートル20センチぐらいあるのに対して、
花が小さいのは、育て方が悪いのか、そういったものなのか?

どちらにしても、すごい勢いで成長してくれてとても嬉しい!

写真:ベランダビオトープ タリア

葉の方もぐんぐんと付き始めています。

タリアの葉っておもしろいんです。
葉のつぼみ?みたいなのが、えんぴつみたいに尖っていて、
次の日見るとその葉がぐわっと開いてる。写真の色が浅いのも、
おとといぐらいに葉が広がったものです。

なんとなくcharmさんで買ったタリアに、
今年は本当楽しませてもらっています。



***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ベランダ金魚

写真:ベランダ金魚

写真:ベランダ金魚

今日もベランダ金魚のうっとり♪
本当にホレボレするようなキレイな赤。

我が家にタナゴ君と来てから、気がついたら丸2年。これからもよろしくね。私をうっとりさせてください。




***別サイト:ベランダ ビオトープ***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。