ベランダメダカ&ビオトープ生活

ベランダでのメダカ飼育、室内水槽(ミナミヌマエビ・コリドラス ソダリス・オトシンネグロ)をこよなく愛するPの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

I LOVE なんちゃって日曜大工

写真:便利グッズ

不器用で、適当に作る割には日曜大工好きな私。写真のこれ、今まで作った日曜大工の中での傑作です(笑)。

まず、これを作ったきっかけですが、当初は緑のボックスの上に直接ワイン箱、植木鉢をのせてました。

ポイントはこの緑のボックスの使用頻度なのですが、年1度しか開かないのならまだしも、BBQ好きな私の必要道具が入っていて、少なくとも2ヶ月、多いときには1ヶ月に一度は開くんです。

だから、箱から荷物を取り出すのはできるだけスムーズに出したい・・
いちいちワイン箱と鉢をどけるのがどうしても面倒。

しかし、ベランダは広くないし、有効利用するためにはやはり箱の上に、鉢は置きたい・・・ う・・・う~ん!!

というジレンマの基に生まれたのが、この「箱出しスムーズ(と、今命名!)」(笑)

やはり、「人間の現状を改善したい。もっとよくしたい」という気持ちって大事だなと実感。


一応、説明させていただきますと、
緑のボックスの周りをギリギリのラインを板で囲んで、その上にワイン箱をおきます。

●「ギリギリのラインを板で囲む」→できるだけ無駄な空間は作らない
●「その上にワイン箱をおく」→これで緑のボックスの出し入れの時に、いちいちワイン箱・鉢をどかさずに済む!

そして、極めつけは、もっと出し入れをスムーズにしたいと思った私は緑のボックスの下に、キャスター付きの板を作成。

写真:便利グッズ

しかも、よく見ると、取っ手付き(笑)!!

これで、月一のBBQの荷物の出し入れと片付けも随分楽になりました。
スポンサーサイト


***別サイト:ベランダ ビオトープ***

ベランダビオトープ メダカたちのお引越し

写真:ベランダガーデニング

風に吹かれるウォータークローバー。こちらの睡蓮鉢のビオトープ号は、メダカの赤ちゃん専用となりました。やっぱり、これから暑くなる日のことなどを考えると薄っぺらいイチゴのパックじゃかわいそうかなと。狭いところじゃなく、大海で泳がせてあげたい親心(笑)。

しかも、最近嬉しいことに栄養の源、ミジンコ君が発生していて、イケイケ・ノリノリな睡蓮鉢です(笑)!

今までいた大人な黒メダカ3匹とヒメダカ3匹はトロ船ビオトープ号へお引越し。先輩の金魚ちゃんが大きな口をぼーっと開けて、歓迎してくれてます(ホントか?)↓

写真:ベランダビオトープ


写真:ベランダビオトープ

そんなトロ船ビオトープ号、今日はちょっと違う角度から撮ってみました。今年で2年目のウォーターバコパがすっと伸びてて美しい。

写真:ベランダビオトープ

そして、全体にはさらに葉だらけになった印象が(笑)。

いいんです、これが我が家のビオトープ。

***別サイト:ベランダ ビオトープ***

たまには食べてるものシリーズ

写真:ベランダビオトープの食事


ベランダばかりじゃなく、「たまには食べてるもの写そうよシリーズ第2弾」です(笑)。

先々週末、世の中のメタボリック撲滅に逆行するがごとく相方と「油まみれ(笑)」な夕飯。

エビトーストに、なすの油揚げ、蓮根のはさみ揚げ・・・

すんごいカロリーだろうと思いながらも、
「やっぱり油っておいしいね」と再確認しながら、猛烈な勢いで食す。

やばい、油のおいしさを再認識してしまった・・



***別サイト:ベランダ ビオトープ***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。